戻る

京都きものパスポート2018〜2019

新着情報News

施設・店舗の営業については直接ご確認ください。

【2020年07月06日】

あっという間に7月を迎えた京都。今年は祇園祭の山鉾建てが中止になるなど、寂しい夏となりそうですが、お店の営業再開やオンラインイベントの実施など、少しずつ動きも出てきました。

きものパスポートに協力いただいている施設やお店でも営業再開などの知らせが届いていますが、中には営業時間を短縮したり、来店予約が必要など、これまでとは異なった営業展開されているお店もございます。訪ねる際は直接お店に確認くださいね。

きものパスポートは、施設やお店を応援しています。着物や伝統工芸に関するイベントなどがございましたら、告知をお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせ先 京都きものパスポート事務局
TEL.075-256-6830 (受付10:00〜18:00/土日祝は休み)

SNSフォローをよろしくお願いします。

【2020年06月03日】

コロナウィルスの件でいっきに春が過ぎ去り、初夏が駆け足でやってきたような京都です。みなさん、いかがお過ごしですか。先日、街で久しぶりに着物姿の方を見かけ、嬉しくなりました。このまま穏やかに収束することを祈るばかりです。

さて、京都きものパスポートはホームページだけでなく、フェイブスック、ツイッター、インスタグラムでも情報を発信しています。きものパスポートに関することだけでなく、特典が受けられる美術館やお店などの情報もシェアしていますので、フォローよろしくお願いいたします。

facebook→https://www.facebook.com/KimonoPassport/

Twitter→https://twitter.com/KimonoPassport

Instagram→https://www.instagram.com/kyoto_kimono_passport/

アンケートへのご協力ありがとうございました!

【2020年04月17日】

全国からたくさんのアンケートをお送りいただきありがとうございました!

下は10代から上は70代まで、ここ近年で一番多くのアンケートを頂戴いたしました。きもの愛にあふれるご意見、ご感想、一つひとつ読ませていただいています。励みになります。皆様からご意見をもとに、より良いきものパスポートを目指して次年度の企画を考えてまいります。

コロナウィルスで大変な時期ですが、きものパスポートのこと忘れないでくださいね。いや、今は忘れてもいいです。いつか着物でお出かけできる日がおとずれたら思い出していただけたら。「京都」、「きもの」ときたら、「きものパスポート」ですよ! 今後ともよろしくお願いいたします。

なお、現在アンケートプレゼント当選者を選考中。当選者にはプレゼント発送をもって当選のお知らせとさせていただきますので、楽しみにお待ちくださいね。

ありがとうございました。

きもの特典に協力いただけるお店を募集しています。

【2020年04月13日】

京都きものパスポートでは、特典に協力いただけるお店を募集しています。
広告ではないので掲載は無料です。ただ、きもの姿の方に特典をご提供いただかなくてはいけません。もちろん、きものパスポートの趣旨をよくご理解いただき、きもの姿の方に優しいお店になっていただく必要があります。条件など、詳しくはこちらをご覧ください。

こんなご時世ですから、きものパスポートはできることをコツコツやっていきます。
何事にも気兼ねなく着物姿で京都の街を歩ける日をイメージして、今から種まきです。

踏ん張っていきましょう。

イベントの延期、中止にご注意ください

【2020年03月04日】

イベントの延期、中止が増えています。

お着物でお出かけを予定されていた方は

ネットなどで開催情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

ようやく春が訪れようとしている時に大変残念ですが致し方ありません。

いち早く平穏な時がおとずれるよう祈りつつ、手洗いとうがい、ですね。

きものパスポートwebでも随時情報更新してまいります。よろしくお願いいたします。

プレゼントが当たる!アンケート募集中です。

【2020年02月17日】

日本各地からのアンケート、ありがとうございます。

多くの方にご利用いただいていることが手に取るようにわかり、ありがたいことです😊。

アンケート締切は3月7日です。
まだ送られていない方、ほんの数分で終わるような簡単なアンケートです(抽選で写真のがま口が当たります✨)。

これからのきものパスポートへのリクエストなども大歓迎😍。よろしくお願いします。
アンケートページはこちら

日本美術織物の最高峰、”爪で織る芸術品”の展示です

【2020年01月23日】

「爪で織る芸術品」をご存じでしょうか。爪にマニキュアを塗ることはあっても爪で織るなんて、想像もつきませんよね。

京都・西陣には、江戸時代から伝承されている「爪で織る芸術品」があります。それが「本綴(ほんつづれ)」こと、「爪掻本綴織(つめがきほんつづれおり)」。
櫛のようにギザギザにカットした爪先で糸を掻きよせて紋様を織り出す技法で、日本美術織物の最高峰とも言われています。

ところがこの技法は高度な技術が必要な上に大変手間のかかる技で、1日数センチしか織り出せないこともあるのだとか。また、職人の高齢化、後継者不足によって生産数は減少。店頭でお目にかかることはほとんどなくなりました。

そんな希少な「本綴」の帯や額などが気軽に見られる企画展が下記日程で行われます。「奏絲綴苑展」では手織り体験もできるそうですよ。いずれも入場無料。ぜひご覧ください。

2020京都綴会秀作展
日時:1/24(金)11:00~18:00、1/25(土)10:00~17:00
会場:京都府京都文化博物館6F

第8回 奏絲綴苑展
日時:3/7(土)~8(日)10:00~18:00
会場:京都信用金庫西陣支店(京都市上京区千本通り今出川上る東側)

今、きものパスポート冊子が入手できるところはココ!です(^-^)

【2020年01月17日】

よく、「どこで京都きものパスポートの冊子を配布していますか?🙄」というお問い合わせをいただきます。今の時期、確実に入手できるところは下記の4箇所です(2020年1月17日時点)。

【きものパスポート冊子の入手場所】

●京都駅ビルエリア…京都総合観光案内所(京なび)(京都駅ビル2階 南北自由通路沿い
●河原町三条エリア…京都市河原町三条観光情報コーナー(中京区河原町三条上ル
●四条烏丸エリア…きものステーション・京都(下京区四条通室町東入 京都経済センター1階
●西陣エリア…西陣織会館(上京区堀川通今出川南入ル西側

※住所をクリックするとGoogleマップが開きます。

 

また、この京都きものパスポートWebサイトでも冊子と同じ情報(厳密にはより詳細の情報)を掲載しています。冊子とWebサイトとを併用してお調べいただくとより便利です。特典ページはこちら

そろそろ春のお出かけの計画をたてようかな…、なんて思っている方、ぜひ京都きものパスポート冊子を手に入れて、参考になさってくださいね😆。

きもので左京区へ♪ 「左京 魅力発見&発信!プロジェクトチーム」さんが紹介してくださいました。

【2020年01月10日】

 

京都市の北東、滋賀県との県境にある左京区は、比叡山や五山送り火「大」「妙法」の山々、そして鴨川や三千院や下鴨神社といった古社寺など、風光明媚な景色が広がるエリア。一方で京都大学などの学生や外国人研究者も多く住むことからユニークなカフェや飲食店、書店などがあり、古くから独自のカルチャーが育まれてきました。

 

そんな左京区が誕生から90年を迎えたことをご存じでしょうか。左京区役所ではさらなる“左京ファン”を増やすべく「左京 魅力発見&発信!プロジェクトチーム」を発足。区役所の若手職員さんが魅力発信に奔走しているようです(^-^)。

 

昨年、きものパスポート事務局にもご連絡をいただき、先日facebookにてご紹介いただきました。ありがとうございます!! 若手職員さんたちの初々しいきもの姿のお写真に思わず目を細める事務局担当者です(笑)。ご縁に感謝です。

 

ちなみに京都市左京区には、きものパスポート特典が受けられる店舗・施設が23軒もあるんですよ。特に美術館は岡崎エリアに密集しているので、きもの姿で巡るにはオススメです。イラストでわかりやすい美術館特集はこちら

ぜひ参考にして、きもので左京散策を楽しんでくださいね。

 

【特典が受けられる左京区内の施設・店舗】(令和2年1月現在)

■美術館(5軒)
京都国立近代美術館京都市京セラ美術館(日展のみ)泉屋博古館野村美術館細見美術館

■レンタル(2軒)
NPO法人 京ごころ岡崎 和gan

■飲食(2軒)
桜鶴苑南禅寺 順正

■カフェ(2軒)
GOSPEL茂庵

■買い物(1軒)
ちりめん山椒 樂珍

■その他(3軒)
駒井家住宅中尾写真場旧三井家下鴨別邸

■複合施設(8軒)
京都・時代祭館 十二十二(とにとに)

 

『「婦人画報」と「京都」』展が美術館えきKYOTOにて開催

【2020年01月08日】

明治38(1905)年創刊の人気雑誌「婦人画報」が、これまで幾度となく特集を組み、紹介してきたのが、ここ、京都。とりわけ京都の茶道や華道、工芸、芸能といった「美しい日本」の伝統をつなぎ伝える「人」と「家」を大切にしてこられたそうです。

そんな「婦人画報」と縁の深い13家が代々手掛けた作品や、伝わる家宝など約80点が一堂に会す『「婦人画報」と「京都」』展が『美術館「えき」KYOTO』で開催されています。

匠による技、古より伝わる工芸品が見られるだけでなく、これまで婦人画報が培い発信してきた美意識や見識、人との絆が息づく展示です。

新春の寿ぎにふさわしく着物で訪れてみてはいかがでしょう。きものパスポートを呈示すると当日券が100円引きになりますよ。展示は1月20日まで。ぜひお運びくださいませ。詳細はこちら

 

 

スマホサイトを見る
PCサイトを見る